つよきすプレイ感想(。・ω・。)

0
    先日ふとしたきっかけでPS2ソフト『つよきす〜Mighty Heart〜』をプレイしたので、その感想なんかを書いてみたいと思います。

    つよきす自体はPC版の時から知ってたんですけど、出てくる女の子がみんな強気やツンデレだという話だったので、どうせ昨今のツンデレもどきばっかりなんだろうと勝手に想像してまったく興味を持ってませんでした。
    でもたまたま『つよきす3学期』のゲーム画面を見る機会があって、その時にチュートリアルで出てきたキャラが絵だけで勝手に想像してたキャラ像と全然違って、めちゃくちゃ面白かったのでちょっとやってみたくなり、実家からPS2版を借りましたw
    ちょうど母も兄から薦められてプレイし終わったとこだったので(笑)

    で、やってみた感想は…

    食わず嫌いしててすみませんでしたm(_ _)m

    めちゃくちゃ面白かったです!

    特にシナリオが!
    よくあるエロゲみたいにエロシーンにだけ力を入れるんじゃなくて、普通の日常会話でも色んなアニメや漫画からネタをパロったりしてるんですが、その作品を知ってる人はにやりとしてしまうようなものが多くて面白かったです(笑)
    こういうゲームって何人かやってると話が重なったり(そのくせスキップ出来なかったり)で面倒くさくなって、いつのまにか話は殆ど強制スキップしてCG回収するだけの作業ゲーになりがちなんですけど、つよきすはキャラ毎のシナリオがどれもみんな違って毎回楽しめました♪特にパロディネタが(笑)
    キャラ同士の掛け合いもすごく楽しくて、プレイ中何度も声を出して笑っちゃいましたw
    企画とシナリオライターをやったタカヒロさんって方は、エロゲ界では結構人気が高いと兄から聞きましたが、その人気もうなずける気がしますね!

    キャラについても、想像してたようなウザいだけの強気娘やエセツンデレっ娘が一人もいないとは思いもしなかったのが良かったです。
    強気だったり我儘だったりで一瞬カチンとくるところもあるんだけど、それ以上に面白かったりいいところがあったりするので、全然気にならなかった!
    ちなみにキャラ毎の細かい感想はあとでまとめます。

    てな感じで全体を通して面白い作品でした。
    PS2に移植するにあたって、祈先生のエンディング&バッドエンド&一部のシナリオ&エロシーンなどがカットされちゃってたのが残念でしたけど。
    いつかパソコン版の1学期を買おうかなと思ってますが、祈先生は1学期も2学期もエロシーンはないらしいので、焦らなくてもいいかなと(笑)
    3学期ではやっと祈先生のエロシーンがあるとのことなので、とりあえずこれから3学期を頑張ろうと思います♪

    いやぁ…こんだけハマったギャルゲーは久しぶりかもw




    ※キャラ毎の感想ですが、一人ずつ書いてたら結構な量になっちゃんで別にします(笑)



    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック